天気予報

21

11

みん経トピックス

いわきでテオ・ヤンセン展福島県にザネッティ初出店

双葉郡富岡町夜ノ森の桜、今年もライトアップ 8年ぶりの桜まつりも

双葉郡富岡町夜ノ森の桜、今年もライトアップ 8年ぶりの桜まつりも

福島県富岡町夜の森桜のトンネル、ライトアップ(2018年4月5日 撮影:伊藤洋佑)

写真を拡大 地図を拡大

 福島県双葉郡富岡町の桜の名所、夜ノ森の桜並木が例年より早く満開を迎えライトアップが始まっている。4月15日までで、時間は18時~20時。主催は「とみおかプラス」。

富岡町 桜まつり2018 チラシ

 富岡町夜ノ森地区は2011年の東日本大震災・原発事故により立ち入りが制限された。約420本から成る2.2キロの桜並木も、1.9キロは帰還困難区域として今でも立ち入りができないが、昨年より、立ち入りが可能な300メートルの桜並木のライトアップが再開された。今年は夜の森の桜並木のほか、宝泉寺(富岡町本岡王塚)の枝垂れ紅桜、夜の森児童館(富岡町大字本岡字王塚)向かいの関邸の大木蓮をライトアップし、各所に記念スタンプを設置している。

 テスト点灯された5日には、桜の便りを聞きつけた富岡町民をはじめとする市民が多く訪れた。「あら、久しぶりだごどー」など方言であいさつを交わす姿も見られ、桜並木が同町から避難を余儀なくされている町民たちの再会の場にもなっている。

 4月14日・15日には、震災後8年ぶりとなる桜まつりも開催。14日には、桜並木の下で18チームが参加する「よさこい踊り」や、富岡第二中学校(富岡町夜の森南4)をステージに同町出身のシンガー渡辺俊美さんらをゲストとした歌唱力選手権などが行われる。両日とも10時~15時。会場は富岡第二中学校、同校前の町道。入場無料。

グローバルフォトニュース